天然寒天のトップメーカー「まるてん」の寒天は、信州のきれいな水と気候を利用して手づくりされた純粋自然食品です。

よくあるご質問

角寒天のよくあるご質問

Q1 国産品と輸入品の違いはありますか?
あります。
一番の違いは、原料である天草からの寒天質の抽出方法です。外国産は、海草の旨味や香りまで処理してしまうのに対し、信州角寒天はそれを逃がしません。伝統製法により、昔ながらの寒天本来の旨味があります。
Q2 色が真っ白な寒天とそうでない寒天がありますが、なぜですか?
天然寒天の色調は、黄色みを帯びた白色、または乳白色で光沢があります。無添加・無漂白の天然製法のため、天候による色のバラつきはあります。
一概には言えませんが、真っ白な寒天は漂白剤を使っていたり、輸入品の製造方法の違いによるものと考えられます。
Q3 色の白い寒天の方が新しいのですか?
Q2の回答にもありますが、一概には言えません。
当社の天然角寒天は無添加・無漂白のため、製造直後と比べ、経時変化で多少色合いが変わりますが、品質・効果はまったく変わりません。寒天の賞味期限は通常3年ですが、当社では2年としています。
Q4 同じ入数でも値段がかなり安い寒天がありますが、なぜですか?
信州、寒天の里(長野県茅野市)で製造している各工場のコスト環境には、大差が無いと思われます。国産・外国産の確認や、製造者の確認をいただき、お客様が納得のいく商品をお買い求めください。
Q5 角寒天のパッケージの裏表示に原産国がありませんが?
輸入したものを袋詰めする等の場合は、製造した国が原産国となりますが、日本産の場合は表示無しとし、原産国欄は設けません。(諏訪保健所)
Q6 原材料の欄にオゴ草とありますが、天草と違うのですか?
角寒天原料の主流は天草ですが、オゴ草はオゴノリとも呼ばれ、工業寒天(粉末寒天)の主原料のひとつとなっています。角寒天では強度など、より使い易い寒天とする為に使われます。
Q7 天然寒天は裏ごしした方がいいのですか?
天然製法の角寒天は、自然凍結、融解、乾燥を冬の田を利用して2週間から3週間行います。この間は降雪、風などで仕上げ途中の寒天に影響を受けることがあります。ふきんなどを用いて裏ごしすると、より溶明なお料理ができます。

ところ天のよくあるご質問

Q1 コンビニなどで売っている安いものと、どこが違うのですか?
主な違いは原材料です。当社のところてんは、70年余の寒天製造技術を活かした天草100%、無添加の本物です。まずは食べ比べてみてください。
Q2 常温でも保存できますか?
当社のところてんは、保存液として酢水が入っています。添加物や保存料は一切入っておりませんので、冷蔵保存をお勧め致します。また、開封後はお早めにお食べください。発送もクール便を使っております。
Q3 ところ天と寒天では、栄養分や効果は違うのですか?
成分も効能も変わりません。ところ天から水分を除去したものが寒天となります。
信濃寒天株式会社
〒392-0013長野県諏訪市沖田町4-41-6
TEL:0266-58-3428(代表)