湯葉風寒天

ゆるく固めた豆乳を薄く広げると、まるでくみ上げ湯葉のような膜がはり、トロトロの食感に。

湯葉風寒天の画像 (全量)480kcal

材料(30cm×20cmのバット2杯分) 分量
角寒天 1/3本
1/2カップ
豆乳(無調整) 1リットル
練りわさび 適量
しょうゆ 適量

作り方

  • 角寒天はたっぷりの水に15分間ほどつけて戻す。
  • 1の水気を絞り、細かくちぎって小鍋に入れ、分量の水を加えて中火にかける。煮立ったら、弱火にし、木べらで混ぜながら寒天を煮溶かす。
  • 別の鍋に豆乳を入れ、中火にかけて温める。3に2をざるでこしながら加え、木べらで混ぜながら煮る。
  • 煮立ったら火を弱め、表面に膜がはってきたら、木べらで混ぜる。これを3~4回繰り返すことで、湯葉風の膜がたくさんできる。
  • 大きなバットに手早く注ぎ、そのまま常温に置いて固める。
  • 固まったら、密封容器などに入れて、冷蔵庫で冷やす。
  • 器に盛り、練りわさび、しょうゆをかける。

バットは、広くて浅い容器なら何でもよい。幾つかに分けて固めても。6の常温に置いて固める際ラップをすると、表面にはった膜がラップについてしまうので、そのまま置く。