天然寒天のトップメーカー「まるてん」の寒天は、信州のきれいな水と気候を利用して手づくりされた純粋自然食品です。

もっと知ってほしい!【寒天とは?】意外と知らない”寒天”のお話。注目される理由をしっかりご紹介します。(角寒天の製造工程について)

角寒天の製造工程

1.海草の採取

[製造工程1]海草の採取のイメージ画像

春から秋にかけて採取されたテングサなどの寒天の原材料となる海草は、塩抜きなどをしてから天日で乾燥、貝殻など夾雑物を除き、充分吟味されたものだけが信州へ送られます。

2.洗浄・アク抜き

[製造工程2]洗浄・アク抜きのイメージ画像

信州に運ばれてきた海草は、地下水を使って洗浄されます。このことを「草をつく」と言い、ドラムを「水車」と呼びます。昔、水車を利用して洗浄していたときの名残です。
洗浄された海草は2日間、水にさらしてアク抜きをします。

3.煮込んで固める

[製造工程3]煮込んで固めるイメージ画像

海草はブレンドされ(「草割り」と言います。)、洗浄された海草は大きな釜で煮込みます。ブレンドの割合や煮込む時間、火の加減などは、工場ごとに秘伝のノウハウがあります。
煮込んで糊状になった海草の煮汁を布やフィルターを使って漉し、もろぶたという容器に移し、四角に固めます。煮汁は40度以下になるとゼリー状に固まります。

4.切る

[製造工程4]切るイメージ画像

できたゼリー状のものを包丁で羊羹状に切ります。天切り包丁という20枚ほどの刃がある包丁で、通常22本に切り分けます。これがところてんです。もしくは「生天」と呼びます。

5.天日干し

[製造工程5]天日干しのイメージ画像

できた生天は、天日で干すために屋外に出します。これを「天出し」と言い、製造過程で、一番の重労働です。次に外に出して並べた生天から水を抜きます。北に向けて凍らせ、南に向けて溶かします。この溶かし凍らせを繰り返して、2週間ほどかけて、じっくり水を抜いていきます。生天は白くなっていきます。

6.乾燥

[製造工程6]乾燥のイメージ画像

水が抜けると、「すかご」と呼ばれるザルに並び替え、完全に乾かします。雨が当たらないビニールハウスや軒下で、1週間ほどかけて自然に乾かします。寒天のできあがりです。

7.束ねる

[製造工程7]束ねるイメージ画像

できた寒天は600本をひとつに束ねます。業界ではこの600本の束を1本といいます。

8.検品・包装

[製造工程8]検品・包装のイメージ画像

天然の寒天は、外に干したりするため、1本1本、ていねいに検品され包装して、商品として全国各地に販売されます。

信濃寒天株式会社
〒392-0013長野県諏訪市沖田町4-41-6
TEL:0266-58-3428(代表)